株初心者が銘柄選びの際に注意したい仕手株

株投資をする時には、ある程度の費用が必要となります。
株初心者の場合、なかなか多額の資金を用意することが出来ないということがほとんどでは無いでしょうか。
巨額の投資資金を用意することが出来る人がその資金力を武器に目当ての銘柄の株価を意図的に操作している銘柄の事を「仕手株」と言います。

仕手株を操っている人のことを「仕手筋」といいます。
仕手株であるかどうかを投資家が判断することは非常に難しいと言われています。もちろん、株初心者も見分けることは難しいでしょう。
仕手株の特徴としては、株価の急騰・急落を繰り返している、リスクが有り人気のない株式であるにも関わらず出来高が急騰しているということです。

あるタイミングで株価が急騰したという場合には、それが仕手株である可能性があります。
これはあくまでも結果論であり、株初心者があらかじめ仕手株であるかどうかを見分けることは簡単ではありません。
仕手筋は一人ではなく、複数の集団であることが多く、何度も同じ手法で株式を売買し、利益を得ています。

株初心者が仕手株の売買に巻き込まれないためには、過去の記録を確認すると良いでしょう。
株価が急騰・急落を繰り返すなどの激しい値動きをしているという銘柄に関しては、売買をする対象から外すようにしましょう。

株初心者の場合、最初から大きな利益を期待すると、思わぬ損失を被る可能性があります。
その為、相場に慣れるという意味も込めてまずは安心して売買をすることが出来る銘柄を選ぶようにすることをおすすめします。

悪質な銘柄に引っかからないためにも株式を売買する時には、勘などに頼らず、チャートや出来高を確認することをおすすめします。
少しでも不審な値動きがあり、不安を感じるようであれば、意図的に株価が操作されている可能性を考えるようにしましょう。
最近は、気軽に投資を始めることが出来ますが、ある程度の知識を持つことは自分を守るためにも必要なことです。

仕手株で一攫千金を狙う投資家もいる

株初心者が気をつけるべきこととして、仕手株という意図的に株価が操作されている銘柄があります。
仕手株は大きな損失を被る可能性があるというリスクがある一方で、売買のタイミングによっては初期資金の数倍もの利益を数日で得ることが出来る可能性があります。
その為、中には仕手株の売買によって、一攫千金を狙っているという投資家もいます。

株価を操作することは、証券取引法で禁止されています。
しかし、仕手株は投資家が判断するものであり、仕手株の可能性が高い値動きを株価がしていたとしても、それを断言することは出来ませんので、違法であるとは言えません。
もちろん、仕手株が疑われる銘柄に投資をしても、違法行為であるとして罪に問われる事はありませんので、安心して投資をすることが出来ます。

仕手株は特に短期的に売買を繰り返す短期トレーダーに人気があります。
出来高が少ない銘柄がターゲットになることが多いため、短期間で株価が急騰する可能性があります。
また、低位株の銘柄が多いということも特徴であるため、少ない資金でも大きな利益を得ることが出来ます。

仕手株として選ばれやすい銘柄の傾向としては、発行済株式数が少ない、会社の業績がイマイチ、空売りをすることが出来るということです。
発行済株式数が少ないほうが株価を釣り上げやすいですし、業績がイマイチな会社の株式を購入する人は少なく普段は見向きもされないことから安値で大量に購入することが出来るためです。

仕手筋は、ターゲットの銘柄を一度に買い占めるということはありません。
気づかれないように少しずつ買い占めますので、チャートなどをチェックし、売買のタイミングをはかるようにしましょう。
特に利益確定は、早めのタイミングで行うことが大切です。